勝手に鑑定⑥ 千原兄弟

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系航空会社客室乗務員を経て鑑定士になる。 『魂の遺伝子コード』を学び日本古来の智恵の素晴らしさと人それぞれが持つ「魂の役割と使命」について知る。

 

こんにちは。

今回は兄弟コンビ芸人で、それぞれ独自の活躍の場も

拡げている「千原兄弟」について

『魂の遺伝子コード』

で観ていきたいと思います。

 

別々の機会でしたが、お二人とも機内でサービス

させて頂いたことがあります。

ジュニアさんは一見、人を寄せ付けないオーラを

感じましたが、お話しすると物静かで礼儀正しい方

でした。

 

せいじさんはと言うと、対照的に人懐っこくて

マイペースという印象。

サービス中に、空いたお皿を直ぐに下げられない場合も

あるのですが、ジュニアさんはじっと待って下さいましたが

せいじさんは、直ぐに乗務員を呼びつけて下さいました(笑)

でも、全く嫌味がなくマイペースなところが大物という

感じでした。

 

余談ですが、せいじさんのファンだったのでサインを

頂きたかったのですが、あいにく色紙のようなものは

持っておらず、仕方がないので持っていたソフトボールに

サインをもらいました。

休憩中に腰に当ててマッサージするので、ソフトボールや

ゴルフボールはキャビンバッグに潜ませていたのです。

怪訝な顔をしながらも快くサインをしてくださり、おまけに

写真も一緒に撮ってくださいました。

 

さて、お二人の情報番号を観てみます。

 

まず、千原ジュニアさんのエナジー番号から読み取れる

性格は、純粋で素直、人知れずの努力ができる人

クリエイティブなセンスをお持ちです。

そして、赤ちゃんのような好奇心と柔軟性がある人です。

ジュニアさんは、自分が「無知である」という、良い意味

での謙虚さがある方だと思います。

「自分が知らないことは知らない」と素直に言える人

でしょう。

その謙虚さから、何かを学ぼうとしたときに目を見張る

ような努力ができる人です。

 

ジュニアさんは、人気TV番組の『プレバト』で俳句、絵画

そして生け花まで素晴らしい才能を発揮されていますが

これも、素直なチャレンジ精神が影響してると思います。

 

彼は、良い人や物に出会うと大変良い影響をうけて

自らそのレベルに引き上げることができます。

しかも、彼は泰然自若なエナジーの数字も持っています

ので、どのような場に置かれても存在感があります。

また、目下の人達を思いやることが出来る人なので

後輩たちの面倒見も良いのではないでしょうか。

 

一方、お兄さんのせいじさんは、人懐っこい社交家

ですが、どちらかというと一匹オオカミのような生き方

ができる人です。

芸人さんよりも社長さんや経営者に向いています。

企業のトップとしてリーダーとしての役割が合っている

人なのです。

お金儲けも上手ですし、お金を回していく経営能力も

あります。

生来、人を巻き込んでいくリーダー資質なのです。

 

機内にお乗せしたとき、

せいじさんはフランス人乗務員にも日本人乗務員にも

全く変わらぬ態度でした。

日本人のお客様には珍しいことです。

フランス人クルーも、せいじさんにサービスするのを

楽しんでいたのを覚えています。

外国人を雇って国際的な商売をすることも

合っていると思います。

 

 

以前から「チハラトーク」が好きで、DVDも持っているほど

ですが、2人のエナジーの番号を観ると、お笑いだけで

生きていかなくても全く問題ない方々ですね。

それぞれ、才能を活かす場がお笑いの他にもあることが

分かります。

 

これからも、お二人の個性と役割を活かしながら

活躍していって欲しいです。

でもチハラトークもたまには見たいです!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系航空会社客室乗務員を経て鑑定士になる。 『魂の遺伝子コード』を学び日本古来の智恵の素晴らしさと人それぞれが持つ「魂の役割と使命」について知る。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 魂の遺伝子コード 鑑定士のブログ , 2021 All Rights Reserved.