勝手に鑑定⑦ 藤井聡太

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系航空会社客室乗務員を経て鑑定士になる。 『魂の遺伝子コード』を学び日本古来の智恵の素晴らしさと人それぞれが持つ「魂の役割と使命」について知る。

 

先日、史上最年少19歳と1か月でタイトル三冠を達成した

藤井聡太九段を魂の遺伝子コードで観てみたいと思います。

 

将棋は全く分からないので、藤井聡太さんの凄さがどこに

あるのかを分析することはできませんが、彼の誕生日と

エナジーの特質を結びつけると面白い結果が見えてきます。

 

まず、藤井聡太さん(2002年7月19日生まれ)のエナジーの

特徴は、なんといっても直観力。

宇宙からのエネルギー、いわば神々のエネルギーを

キャッチして、誰も考えつかないようなことを形にする

ことが出来る人です。

感性が豊かで頭の回転も超速です。

 

もちろん、藤井聡太さんレベルの人は、感性だけでなく

理論的な考察ができるのは当然でしょう。

藤井聡太さんは、いわば、論理的思考の中にも

オリジナリティーや発想力が垣間見えるタイプの人です。

 

先日の対局を見たあるプロ棋士は、藤井聡太三冠を

『研究しているからではなく、その場で考えて

上手く指しているので真似できない』

と評していました。

解説者も『おーっ!!』とか『こ、これは・・!』

など、言葉で説明することができない様子が伝わって

きました。

さらに、藤井三冠の将棋を「アクロバティック」

「サーカスのようだ」と表現する方もいました。

また、藤森五段は、

「こんな手見えない。まず何をしているかわからない」

「人類に思い浮かぶ?」とまで言っています(笑)。

 

まさしく、彼のエナジーは瞬間的にパッと動く子どもの

ような性質があるので、周りが面食らうこともあるでしょう。

奇襲攻撃のような、速い手で指すことも特徴なのでは

ないでしょうか?

 

ちなみに、彼の師匠である杉本昌隆八段のエナジーの

特色は「コツコツ、真面目に辛抱強く」がキーワード。

 

将棋の対局は長時間に及びますし体力勝負の面もある

ので、それぞれの強みを最大限に活かしながら

最善の手を打つというハードな闘いですよね。

 

半面、藤井三冠の弱点をエナジーの性質から

見るならば、

イライラしたり、短気になって衝動的な行動

に出るとうまくいきません。

ただ、切り替え上手なので、負けも引きずらずに

先々に思考を飛ばしていける人ですから、もともと

勝負事には向いているのかもしれませんね。

 

今後の活躍も目がはなせない藤井聡太三冠を

勝手に鑑定させて頂きました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
外資系航空会社客室乗務員を経て鑑定士になる。 『魂の遺伝子コード』を学び日本古来の智恵の素晴らしさと人それぞれが持つ「魂の役割と使命」について知る。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 魂の遺伝子コード 鑑定士のブログ , 2021 All Rights Reserved.